冬暖かく、夏涼しい 理想の家づくり

冬暖かく、夏涼しい・・・
そんな理想の家をつくるなら

家の「断熱」について真剣に考えなければなりません。

従来の断熱は、「内断熱」と「外断熱」の2種類があります。

 

「内断熱」は、

柱と柱の間に断熱材を挟みこむ工法です。

 

メリットは、
一般的な施工法として、ほとんどの工事業者が用い、施工コストが安いこと。

 

デメリットは、
外の温度変化に曝されるため、室内の温度を快適に保つための障害になっています。

夏は日中に蓄熱され夜になり外気温が下がっても室内の温度が下がらず、寝苦しい室内環境になりやすい。

冬は全くその逆になります。

つまり、
室内温度を適正に保つために、必要以上にエアコンや暖房をつけ続けなくてはいけなくなります。

 

「外断熱」は、
柱の外側に断熱材を貼り付ける工法です。

 

メリットは、
外部からの日射や放射冷却の影響を受けずらくなり、熱損失が少ない。

つまり、家全体が魔法瓶のような構造になり、
一度温めた室内は、暖かさが持続され、冷やした室内は涼しさが持続されます。

そして、
室内温度を保つためのエネルギーが少なくて済み経済的です。

 

デメリットは、

施工のためのコストが高めになること。

室内で音が反響しやすくなること。

一般的に厚めの断熱層を使用するため、固定のためにビスをたくさん打つことになります。
そのため、結露のリスクがビスの数と比例して高くなります。

また、
厚い断熱層をビスで固定しているので、地震などが起こった場合、
壁と断熱層がズレて断熱性能の低下や結露の危険性があります。

私がオススメする理想の断熱

内断熱・外断熱には、それぞれメリット、デメリットがあります。

この2つの断熱のデメリットを改善し、
メリットを兼ね添えることに成功した、理想の断熱工法が「付加断熱」です。

 

付加断熱は、
内断熱と外断熱を組み合わせた断熱工法になります。

一度温めたり、冷やしたりした室内が、外気の温度に左右されない家になります。

 

つまり、
冬は暖かく、夏は涼しいという、家全体が魔法瓶のような構造になっています。

これにより
暖房、冷房の使用時間を抑えられ、省エネにもなります。

また、
内断熱を使っているので、外断熱を薄くすることができ、
しっかりと固定された 強固な家づくりも実現できました。

内断熱を使っているので、音の反響もしません。

 

私は、家の断熱に「付加断熱」をオススメしております。

 

高橋工務店の付加断熱.gif

新素材で断熱性能アップ!

高橋工務店の付加断熱では、
「ネオマフォーム」という新素材を使用しています。

 

ネオマフォームの特徴は、

  1. 一般的な断熱材の約2倍以上の高断熱性能!
    ネオマフォームは、プラスチック系の超高性能断熱なので、
    一般的なポリスチレンやグラスウールの約2倍以上の断熱性能があります。
  2. 驚異の長期安定性能
    時間がたつと15〜30%も断熱性能が劣化する
    一般的なプラスチック断熱材と違い、ほとんど劣化がみられません。
  3. 安心の耐燃焼性能
    炎をあてても黒く焦げて炭化するだけで、燃え広がりません。
    他のプラスチック系断熱材に比べ、一酸化炭素、二酸化炭素の
    発生量が少なく、有毒なシアン化水素の発生もありません。
  4. 地球に優しい
    オゾン層破壊の原因になるフロン系ガスを一切使わず、
    自然界に存在するグリーンガスによって作られます。
    だから、人にも地球にも優しいのです。

昼も夜も快適に過ごせます。

内断熱の場合.gif

柱と柱の間に断熱材を詰め込むため、
柱や梁の部分に切れ目があり、室温にムラが出やすくなります。

 

付加断熱の場合.gif

ネオマフォームで、
柱や梁の外側から切れ目なく包み込むため、

昼も夜も室温が一日中安定します。

無料相談・お問合せはコチラ
  • お問合せ風景10.jpg家を建てようと思っているが何からはじめたら良いかわからない・・
  • 今住んでいる家のリフォームをしたいと考えている・・・
  • 色々調べてはいるものの、一度プロの人に相談したい・・・
そんなときは、お気軽に ご相談ください。
あなたの頭の中を整理して、一緒に理想のイメージをカタチにしていきます。

無料相談、お問合せ は、
TEL 0157-24-1027

お問合せフォームはコチラ⇒